歯医者さんの定期健診ではどんなことをチェックする?

数か月に一度の歯科検診があなたの歯を救う?

綺麗な状態は綺麗なままで過ごしませんか?

このコラムをシェアする

ブラッシングやかみ合わせのチェック

口の中を健康に保つためにすることといえば、丁寧な歯磨きですよね。でもみなさん、ご自分で行っている歯磨きの方法、しっかり磨けている方法だと自信はありますか?磨いているつもりでも、磨くときの癖があったり、歯並びも個人で違いますので自分にあった歯磨きの方法を知ることが大切です。
歯科検診へ行くと、自分に合った歯ブラシや歯間を磨くフロスや歯間ブラシの使い方などを教えてもらうことができます。
歯並びも歯磨きに大きな影響を与えます。歯並びが良くないと、磨き残しがあったりして虫歯になりやすいため、どこに気をつけて磨けばよいのか教えてもらい虫歯の予防につなげることができます。噛み合わせの悪さは虫歯だけでなく、疲労や歯ぎしりや頭痛などの原因となりますので、これらの症状がある方は噛み合わせをチェックしてもらうといいでしょう。

レントゲン撮影をすることも

目で見ることができる部分だけではなく、歯の中の状態を知る必要がある時にはレントゲン撮影をして状態を見ることがあります。虫歯になるところは画像が黒くぼけていたりするので、症状が出る前に虫歯を見つけることができます。
口腔内の粘膜の異常から口腔がんなどの別の怖い病気を見つけるきっかけとなることがあります。
自治体によってはある決められた年齢の時に、自治体負担で無料あるいは安価で歯科検診を受けることができます。検診だけなのに費用がかかるのが嫌、というような方はこのような自治体の検診を利用されてみてはいかがでしょうか?自宅に検診のお知らせが届いたら、定期検診のチャンスですよ!
ぜひお住いの自治体のホームページで確認なさってみてください。